このページの本文へ

食の循環を目指した、京都市との取り組み

ミツカングループは、2020年8月3日に京都市と「食品ロス削減に資する取組の連携に関する協定」を締結しました。また本協定と同日に、京都市が日本の都市として初めて、エレン・マッカーサー財団のフードイニシアティブに加入しました。

やがて、いのちに変わるもの。」をグループビジョンスローガンとし、「未来ビジョン宣言」の実現を目指すミツカンは、サステナブルな都市を目指す京都市と、エレン・マッカーサー財団フードイニシアティブという枠組みにおいて、食品ロス削減という社会課題に取り組んでいきます。

エレンマッカーサー財団とは

英国ワイト島を本拠地とし、企業や政府、研究機関と連携して、サーキュラーエコノミー(循環型経済)への移行を加速させることを目的に2010年9月に設立された団体です。サーキュラーエコノミーを推進するネットワークであるCE100(サーキュラーエコノミー100)には、企業、公共団体、地域組織や大学、投資家など100以上のステークホルダーが参画し、協業の機会を形成しています。また、特に着目すべき3つの課題(プラスチックの使い捨て問題、衣料品の使い捨て問題、食品ロスの問題)に対してコンソーシアムを立ち上げ、政府や財団、企業を巻き込んで推進しています。フードイニシアティブでは、「再生可能な農業」「食品利用の最大化」「人にも地球にも優しい商品と市場の設計」を進めることにより、サプライチェーンを変革し、食品に関する生産・消費を循環型にすることを推進しています。

京都市との取り組み

今回の取り組みでは、サステナブルな都市を目指す京都市と、ミツカンのメニュー提案や商品開発、技術をもって、食の循環につながる様々なアプローチを実施していきます。まずは、「京都の野菜を無駄なくおいしく食べ尽くす」というコンセプトのもと、取り組みを開始します。

京都の野菜を無駄なく
おいしく食べ尽くす

写真:鍋

持て余している食材を、おいしく救済!
もったい鍋

余らせてしまう、食べられるのに捨ててしまう、その「もったいない」を解決する鍋メニューをご提案!簡単に楽しく作れて、野菜をおいしく残さず食べられる鍋レシピのご提案や、レシピに投票すると抽選でミツカン商品詰め合わせが当たるキャンペーンを10月1日より実施!

写真:ピクルス

様々な野菜をピクルスに!
もったい菜漬け

京都市とミツカンがコラボレーションし、余らせてしまう、食べられるのに捨ててしまう、「もったいない」野菜を、お酢を使っておいしく、楽しく食べ切るメニューの開発、また、そのメニューの啓発活動を企画中です。

  • 人と社会と地球の健康

    自然を敬い、自然に学び、自然が
    生み出す
    いのちを育むことに貢献する

    ミツカンの自然に対する思いや
    取り組みをご紹介

    詳しく見る

  • 新しいおいしさで
    変えていく社会

    おいしさと健康を一致させる
    努力によって、
    世界の人々と
    コミュニケートしていく

    「おいしさ」と「健康」を一致させるための
    取り組みをご紹介

    詳しく見る

  • 未来を支える
    ガバナンス

    世界で束ね、地域で活かし、
    おいしさを広げるガバナンスを推進する

    「ミツカンらしさ」を育み、永続的な成長
    を目指すガバナンスの取り組みをご紹介

    詳しく見る

未来ビジョン宣言を
実行していくための活動

未来ビジョン宣言を
しっかりと実現していくために、
ミツカンは、これまでの商品の
伝統的な「おいしさ」を守りながら、
「おいしさ」を進化させ、
「新しいおいしさ」を
生み出していきます。

「食べる」のぜんぶを、
あたらしく。

食べることは、
自然が育む生命をいただくこと。
しかし、これまでの食文化は、
自然に大きな負荷をかけ続けてきました。
地球の未来を考えながら、「食べる」を
もう一度、見つめ直していく。
そんな想いから、
ZENB(ゼンブ) initiative(イニシアティブ)は生まれました。

人々の食に対する意識は、
大きく変わろうとしています。
人や環境への負荷が少ない、
新しい食生活へ。
「おいしい」と「カラダにいい」、
どちらも叶えることのできる毎日へ。

かけがえのないこの星を、
未来へリレーするために。
一歩ずつ、私たちは前へ進みます。

ZENB(ゼンブ) initiative(イニシアティブ)

ZENB(ゼンブ)
イニシアティブサイト

今の「おいしさ」を守る
ローカルブランド

これまでお使い頂いている商品を
つくり続ける責任をもち、
伝統的なおいしさを守ります。

ミツカン
未来ビジョン宣言を
もっと知りたい方へ

10年先から今日を見つめて
着実な一歩を歩む。

100年先も「やがて、いのちに変わるもの。」
を育む
変革と挑戦の
企業であり続ける。

私たちは
ミツカングループです。