トップメッセージ

「やがて、いのちに変わるもの。」を育む変革と挑戦の企業であり続ける

トップメッセージトップメッセージ

ミツカングループは、1804年、初代中野又左衛門が、お酒づくりから生じた酒かすを原料に、発酵という自然の力を活かして、お酢を作ることから、事業が始まりました。
以降、210余年の長きにわたり、変革と挑戦を積み重ね、今では日本に留まらず、アジア、北米、欧州に活動の場を広げ、グローバルに事業を展開しております。

変わることのない「2つの原点」

ミツカングループには、2つの原点という企業理念があります。
「買う身になって まごころこめて よい品を」
「脚下照顧に基づく現状否認の実行」

1つ目は、「相手の身になって考える」ということであり、生活者をはじめステークホルダーの皆様との関係を大切にするという言葉。
2つ目は、現状に満足せず、己を知り、常に挑戦するという言葉です。私たちは、この2つの原点を、先代から受け継ぎ、そして次世代にも受け継いでいく、変わることのない企業理念として掲げています。

私は、この言葉を大切にしつつ、自分流で、「限りない品質向上による業績向上」と言って、企業活動の目的と位置付けています。「品質向上」とは、生活者をはじめ全てのステークホルダーの皆様のために、ミツカンらしく品質(商品、経営資源、経営機能)を高めていくこと、「業績向上」とは、ステークホルダーの皆様と共に、永続的な成長を目指す、ということです。私は、この考え方で、皆様に向き合って、経営をしてまいりました。

「やがて、いのちに変わるもの。」に込めた想い

また、当社は、「やがて、いのちに変わるもの。」というグループビジョンスローガンを掲げています。
この言葉は、ミツカングループが目指したい食や社会・環境の世界観を表現したものであるとともに、人々のいのちの源となる食品をお届けするという、大きくて重い責任を担う覚悟を表した言葉です。是非、本HPにある映像をご覧ください。私たちは、この世界観の実現に向けて、これからも変革と挑戦を続けていきます。

「未来ビジョン宣言」で新たな挑戦へ

2019年度から新しい中期経営計画が始まります。昨今のデジタル化をはじめとした激しい環境変化の中では、現状の延長線上で考えるのではなく、10年後のありたい姿を描く必要があると考えました。そして、外部の様々な方のお話を聞いて環境認識を行い、10年後のありたい姿として未来ビジョン宣言を策定しました。
「ミツカンらしさ」とは、人と社会と地球の健康に貢献し、おいしさと健康を一致させる努力をすることです。そのためには、自分の仕事を周りに伝えることを通じて、社員と会社が成長していかなければいけません。ミツカンは、どんなに業績向上しても、この「ミツカンらしさ」がなかったら、失敗だと考えます。
私たちはこれから、ミツカンらしさに基づいた新しい大義を、世の中に問うてまいります。
スタートアップ企業(※1)のように組織の壁を低くし、社員それぞれが視座を広げ、役割を大きくもって、企業をアジャイルに回していく(※2)所存です。
そしてこの大義、価値観を共有してくださる生活者や、規模にかかわらず志を同じくしてくださる企業と人と、ともに未来をつくってまいります。

  1. 「スタートアップ企業」とは、世の中にない価値を発見する段階、その価値の検証を通じて、事業やビジネスモデルを立ち上げる段階にある企業・組織のこと
  2. 「アジャイルに回す」とは、すばやく、頻繁に、仮説実行検証を繰り返すこと

2019年3月
ミツカングループ代表 兼 グループCEO
株式会社Mizkan Holdings 代表取締役会長

中埜 和英

ミツカンの新たな挑戦