グループ企業理念・ビジョン

ミツカンには、永遠に守るべき「2つの原点」があります。
ミツカンに関わるすべての人々が、これらを常に心がけ実践していくことで、ミツカンの存在意義が生まれます。
この2つの原点を大事にしつつ、単に業績向上を目指すのではなく、「限りない品質向上による業績向上」を目指します。
伝統を守りつつも、決してそこにとどまることなく、常に変革と挑戦を繰り返すことで成長して参ります。

限りない品質向上による業績向上 ミツカンらしい経営による永続的な成長 Mission 2つの原点 心得 Vision 未来ビジョン宣言 やがて、いのちに変わるもの。 Value 共通規範 SENOBIの考え方

Mission

2つの原点

「買う身になって まごころこめて よい品を」~相手の身になって考える~

ミツカンの「お客さまを第一に考えた品質向上」の精神を表したものです。
商品を買ってくださるお客様はもちろんのこと、お得意先さまやお取引先さまなど、さまざまなステークホルダー(=利害関係者)の身になって考え、常に世の中の変化に合わせていくこと。
単に商品の品質だけでなく、経営の品質を高めることで、あらゆるお客様の満足を向上させていくこと。
これが「買う身になって まごころこめて よい品を」に込められた意味です。

七代中埜又左エ門が、高度成長期の初期にあたる1959年(昭和34年)、「買う身になって まごころこめて よい品を」、その後「三身主義」、すなわち、「買う身、働く身、経営者の身」になって考えることが大切であると、提唱し始めましたが、これは、「相手の身になって考える」ということであり、今で言う、ステークホルダーとの関係を重んじる言葉だと考えています。

「脚下照顧に基づく現状否認の実行」~自身をよく見て挑戦する~

ミツカンの「限りない革新」の精神を表したものです。
言い換えると、自分自身と事実を素直に謙虚に見つめ、その上で自分自身を変えていく。
先を読み「変革と挑戦」を繰り返してきたミツカンの歴史は、この原点から流れています。
革新は、ただやみくもにチャレンジしていても得られるものではなく、自分の足元を客観的によく眺め、逃げていないか、成功体験に溺れていないかを確認し、先を読み不断の自己改革を進めていく中で、この精神は培われていくと考えています。
「自身をよく見て挑戦」することを続けていけば、大きな変化を「機会」ととらえ、さらに高い次元で、リスクをチャンスに変えることも可能になると考えています。
もともとは、1974年(昭和49年)、第一次石油ショックが起こった時代において、常に足元を見ることにより、経営の見直しをはかっていきたいたいという思いから、「脚下照顧」という言葉を伝えはじめ、その後、「現状否認」という言葉を加え、「脚下照顧に基づく現状否認」という言葉を使うようになりました。

この2つの原点を、日々の業務の中で社員一人ひとりが理解し実践することで、お客様の満足を高めた結果として、業績向上を果たしていきます。

心得

激しい環境変化のなかで、会社として生き残り、ミツカンらしく事業を継承していくためのオーナーの覚悟と、国内外の指導者・リーダーに求める「ミツカンらしい経営」とは何かをまとめたものです。

心得

心得の精神を伝えるための映像です。

(7分42秒)

限りない品質向上による業績向上

現在のミツカングループ代表兼グループCEOである中埜和英が、2つの原点を大事にしつつ、この言葉を企業活動の目的として、2002年の代表取締役社長就任時に掲げました。
ミツカングループを、単に業績向上を目指す会社ではなく、「限りない品質向上によって業績向上」を目指す会社にしていきたいと提唱し、自身がリーダーシップを発揮して、改革を推進していくことを宣言しました。

Vision

グループビジョンスローガン

ミツカングループが、「お客様に提供していく価値」の宣言です。
人のいのちの源である食品をつくっているという、誇りと責任。
「やがて、いのちに変わるもの。」は、そんな私たちの想いから生まれたことばです。

やがて、いのちに変わるもの。

ビジョンスローガン
「やがて、いのちに変わるもの。」の根底にある、
ミツカンの想いを映像で表現しました。

(9分33秒)

未来ビジョン宣言

ロゴ:未来ビジョン宣言

今後、世の中の環境変化はますます激しくなり、極端な気候変動や人口爆発により、食料や栄養が今以上に不足する時代が訪れると言われています。ミツカンは、10年先の未来を考えた中で、当社の事業活動そのものが、環境、社会、食生活への貢献につながることを実現するために、未来ビジョン宣言を策定いたしました。
地球環境に貢献し、グローバル化をはかり、新しい食の未来をめざし、おいしさと健康を一致させた商品を世界に提供していきたいと考えています。100年先も「やがて、いのちに変わるもの。」を育む変革と挑戦の企業であり続けたいと考えています。

人と社会と
地球の健康(Environment)

自然を敬い、自然に学び、自然が生み出すいのちを育むことに貢献する

詳しく見る

新しいおいしさで
変えていく社会(Social)

おいしさと健康を一致させる努力によって、世界の人々とコミュニケートしていく

詳しく見る

未来を支える
ガバナンス(Governance)

世界で束ね、地域で活かし、おいしさを広げるガバナンスを推進する

詳しく見る

Value

共通規範

ミツカンは、創業以来受け継いできたことを蓄積し、現在、その教えは、「2つの原点」と「心得」に集約されています。
ミツカングループの全社員が、日々の業務の中でどのような軸(背骨)を持ち、どのような観点で眺め、どのように行動すべきかをまとめたものが『共通規範』です。

イラスト:背骨

ミツカンらしさを支える3つの背骨

  1. その仕事は「透明性の高い 信頼あるコミュニケーション」を背骨にもっているか。
  2. その仕事は「全社最適」を背骨にもっているか。
  3. その仕事は「強くするための選択と集中」を背骨にもっているか。
イラスト:目

ミツカンらしさを守り抜く3つの観点

  1. その仕事に「遵法・公正・倫理」の観点はあるか。
  2. その仕事に「リスク最小化」の観点はあるか。
  3. その仕事に「業績向上」の観点はあるか。
イラスト:脚

ミツカンらしさを進める3つの行動

  1. その仕事は、「SENOBI」をしているか。
  2. その仕事は、「現地・現物・現実主義(三現主義)」を貫いているか。
  3. 常に「説明責任」を果たせる行動をとっているか。

SENOBI(セノビ)の考え方

イラスト:SENOBI(セノビ)

ミツカングループの全社員が、「自分の役割に向き合って、背伸びをすれば手が届くレべルをめざしてのびのびと挑戦する」こと。
縮こまることなくのびのびと挑戦し、着実に結果を出す一連の考え方と行動を総称して「SENOBI」と呼んでいます。
「SENOBI」の考え方に基づく仕事こそが、ミツカンの企業活動の根幹に位置するものです。

ミツカングループポリシー

コーポレートシンボル

「伝統と革新」。それがコーポレートシンボルに託したテーマです。
日本以外の世界中の方々にとっても、なじみやすく、覚えやすいロゴを意識し、新しい時代に新たなる変革と挑戦への強い意志を込めて、「ミツカン」というカタカナ表記を2004年にアルファベットへ変更しました。
さらに、“Mitsukan”ではなく“mizkan”とし、“z”という文字を用いて短く綴り変えることによって、形として覚えやすく、かつ革新的なブランドロゴにしました。
一方、ミツカンマークと緑色は、ミツカングループの伝統とミツカンブランドへの評価を継承しています。
210余年の伝統を守りつつも決してそこにとどまることなく、常に変革と挑戦を繰り返すことで未来に立ち向かっていくミツカングループのシンボルです。

シンボル:mizkan

コーポレートマーク