3つのCMから紐解く
『未来ビジョン宣言』に込めたミツカンの想い

10年先の未来へ向けたミツカン未来ビジョン宣言を伝える3分動画「やがて、いのちに変わるもの。」篇を、 「未来のおいしさ」篇、「もう、忘れられない。」篇、「ともに、いのち。」篇、3つのCM動画の編集切り口から紐解きます。
CM編集の目線から、CMに込められた想いやミツカンが描く10年先の未来についてご紹介します。

「未来のおいしさ」篇

ミツカンは、<自然の力>と<発酵の技>をくみあわせ、体がよろこぶ「未来のおいしさ」を見出していきます。

「未来のおいしさ」篇 メインイメージ

湖上に浮かんで次から次へと姿を変える青い球状の「X」は、「未来のおいしさ」の源です。やがて、命に変わっていくその「X」は、地球がはぐくむ<自然の力>と人々が古くから大事にしてきた<発酵の技>によって、さまざまな「未来のおいしさ」になります。

少女は、体がよろこぶ「未来のおいしさ」を敏感に感じることができます。窓の外にみえる白っぽい不思議な球体も、手の中に入ったぷよぷよの青い実も、すぐにそれが「未来のおいしさ」であることが分かりました。外に出た少女は、気がつくと深い森にいました。

深い森には、長いあいだ「未来のおいしさ」を探求しつづけている老人が住んでいます。老人は、この少女に出会った瞬間に「この子が、食の未来を担ってくれる」と確信します。少女はみずみずしい「X」と戯れながら、老人から「食」にまつわるたくさんのことを教わりました。

「未来のおいしさ」篇 キャプチャ1
「未来のおいしさ」篇 キャプチャ2
「未来のおいしさ」篇 キャプチャ3

「食べる」のぜんぶを、あたらしく。「自然環境の負荷を少なく」「素材そのもののおいしさを引き出す」「カラダに負荷をかけない食生活」を目指し、ZENB initiative の活動を、私たちは、始めました。また、「生活者にとって、誰もがわかる原材料を表記する」「生活者が、摂りたくないモノは使わない、減らしたいモノを極力使わない」の考えを「ミツカンの考えるクリーンラベル」と定め、新商品は元より、伝統を守る既存の商品に対しても取り組みを開始しました。
10年先の未来に向けたお約束、「ミツカン未来ビジョン宣言」、ぜひご覧ください。
私たちはミツカングループです。

「もう、忘れられない。」篇

ミツカンは、「食」の歴史・環境・社会・人間の歩みとまっすぐに向き合い、10年先も100年先も変わらずに「おいしさの未来」をつくり続けます。

「もう、忘れられない。」篇 メインイメージ

少女の目の前を一滴のキラキラした雫がゆっくりと通ります。「食」の歴史・環境・社会・人間の歩みを経てきた、大事な一滴。体がよろこぶ「おいしさ」を敏感に感じることができる少女は、それが地球の恵みを活かした「おいしさの未来」だと気がつきました。

一方、食の歴史をすべて知り尽くした老人は、長い間、深い森のなかで<自然の力>や<発酵の技>を組み合わせた「おいしさの未来」を探求し続けています。左耳につけている近未来的なガジェットには「未来のおいしさ」に関するプログラムが入っています。実は、一滴の雫に映し出された「食」の世界はこのガジェットに入っていた情報です。

書斎に戻った少女は、古い本に描かれた青い実の絵から「未来のおいしさ」がポンっと飛び出してくる瞬間に出会います。パクリッ。宙に浮かぶぷよぷよの青い実を口にしました。新しいのに懐かしい「もう、忘れられない。」味でした。

「もう、忘れられない。」篇 キャプチャ1
「もう、忘れられない。」篇 キャプチャ2
「もう、忘れられない。」篇 キャプチャ3

私たちは、1804年に創業し、当時は酒造りの工程では有効活用されていなかった“酒粕”を使い、「酒粕酢」を作ったり、近年では「ミツカン水の文化センター」「山林の育成」「ビオトープ」「MIZKAN MUSEUM(MIM)」などの取り組みを通じ、自然を敬い、自然に学び、自然が生み出すいのちを育む活動を継続してきました。
10年先の未来に向けたお約束、「ミツカン未来ビジョン宣言」、ぜひご覧ください。
私たちはミツカングループです。

「ともに、いのち。」篇

ミツカンは、地球環境の変化から情報社会の発展まで様々な角度で10年先の食の未来を見据えていきます。

「ともに、いのち。」篇 メインイメージ

書斎の書棚から引っ張ってきた古い本に青い実の絵が描かれていました。体がよろこぶ「おいしさ」を敏感に感じる少女は、そっと青い実の部分に触れてみます。すると、少女の頭の中に、人と社会と地球の健康に関するさまざまなシーンが次から次へとよぎります。

「植物、味、情報、体、発酵、システム、地球、水、おいしさ、まるごと、体すみずみ、命のまんなか・・・」。それらとともに、創業以来のミツカンの歴史や発酵プロセスの化学式など過去と未来をつなぐミツカンのハイパープログラムが綴られていきます。

ミツカンのハイパープログラムは、少女のまわりをゆっくりと優しく包んでいきます。食に関するすべてのものが「ともに、いのち。」であることを感じた少女は、「未来のおいしさ」を感じながら微笑みます。

「ともに、いのち。」篇 キャプチャ1
「ともに、いのち。」篇 キャプチャ2
「ともに、いのち。」篇 キャプチャ3

私たちは、おいしさと健康が一致する新しい食の未来を目指して、変革と挑戦を続け、100年先も「やがて、いのちに変わるもの。」を育む変革と挑戦の企業であり続けます。
10年先の未来に向けたお約束、「ミツカン未来ビジョン宣言」、ぜひご覧ください。
私たちはミツカングループです。

10年先の未来に向けたお約束
未来ビジョンに向けた取り組みや情報をご紹介