人権尊重の取り組み

人権方針

ミツカンは、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」、国際人権章典やILO宣言などの人権に関する国際規範を支持し、グループの全役職員の人権の尊重を掲げて、「グループ人権方針」を策定しました。

今後もこの方針を遵守しながら、サプライチェーンにおける人権課題にも積極的に対応していきます。

<ミツカングループ人権方針>2024年4月策定

ミツカンは、環境、社会、食生活への貢献を実現するために、未来ビジョン宣言を策定し、人と社会と地球の健康を重視して事業活動を通じた人権尊重、環境配慮に取り組んで参りました。
今回策定したミツカングループ人権方針(以下、本方針)は、「世界人権宣言」、「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言とそのフォローアップ」および国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいた人権への取組み方針を詳述するものであり、ミツカングループのすべての役職員(役員及び従業員をいう)に適用します。
ミツカングループは、社会の一員として、人権尊重の重要性を改めて認識し、役職員を含むあらゆるステークホルダーの基本的人権を尊重する責任を果たすよう努めて参ります。
また、すべてのお取引先さまに対して本方針の遵守を期待します。

1.適用範囲:ミツカングループ全役職員(嘱託、パート従業員、臨時従業員等、期間を定めて雇用される従業員を含む。)

2.人権尊重へのコミットメント:企業活動において人権を尊重します。

2-1.労働者個人の尊重:人種・国籍・性別・年齢・宗教や政治的思想・障がいの有無・婚姻歴・子女の有無・性的指向・性自認などを理由とした差別は認めず、すべての人に平等な機会を提供します。

2-2.労働者の権利の尊重:強制労働、過重労働、低賃金労働(最低賃金を下回る労働)、児童労働、ハラスメント・いじめ、不当な扱いを認めません。従業員が就業する現地の法令を遵守し、適切な労働環境、公正な労働条件、最低賃金の保証、結社の自由と団体交渉権等の尊重に努めます。

3.人権尊重に関連した規範や法令の遵守:世界の全ての人々が享受すべき基本的人権について規定した「国際人権章典」、労働における基本的権利を規定した国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」等の人権に関する国際規範を支持、尊重します。法令と国際規範に乖離がある場合は、可能な限り国際規範を尊重し優先とする取り組みを目指します。

以上

重要課題への取り組みをさらに見る